トップ > 野菜を知る・楽しむ > サラダ白書 > 2010年「パッケージサラダ」の普及について

サラダ白書

20歳以上の5割がパッケージサラダの利用経験あり
~利用する理由は「便利だから」が9割強~

近年、広がりを見せている「パッケージサラダ」の普及率は、60代男女を除き、5割を超えるという結果を得ました。

パッケージサラダは幅広い年代で利用経験があります

パッケージサラダの利用経験は、男女ともに60代以上を除く全ての年代で5割を超え、利用経験者の4割強は週1回以上利用しています。

週1回以上利用する層が全体で24.1%に上ります

利用する理由は「便利だから」が圧倒的に多く、次いで「いろいろな種類の野菜が手軽に摂れるから」でした。

パッケージサラダを利用する理由は「便利だから」が首位です

利用方法は、手を加えずに食べる方が多数でしたが、「お皿に開けて、具材を加えて食べる」等、メニューの素材として活用する例も見られました。

パッケージサラダの利用方法は多岐に渡ります

パッケージサラダはその利便性から、幅広い世代に日常的に利用されていることがわかります。
今後、少子高齢化や女性の社会進出などにより、パッケージサラダの利用はさらに広がると予想されます。

サラダ白書一覧へ戻る