トップ > 野菜を知る・楽しむ > サラダ白書 > 平日の夕食とパッケージサラダ

サラダ白書

平日の夕食とパッケージサラダ ~平日夕方以降の買い物~

平日の夕食の調理をする人(1,374名)に、平日の夕食で心がけていることを尋ねたところ、「心がけているしそうしている」人(48. 9%)と「心がけているができていない」人(35.3%)を合わせ、 84.2%が「新鮮な野菜は必ず食べる」ことを心がけていると答えています。 「予算内におさめる」(76.5%)、「季節の食材を使う」(75.1%)を上回り、新鮮な野菜を食べることを心がけている人が最も多い結果となりました。

平日の夕方の調理をする人の8割以上が「新鮮な野菜は必ず食べる」よう心がけている

平日の夕食の調理をする人(1,374 人)に、調理時間を短縮するために活用している食料品について尋ねたところ、「時短食品は使用しない」と答えた人は全体の9%で、91%がなんらかの時短食品を活用していることが分かります。

最も活用されているのはスープの素やだしの素などの「味付け調味料」(69.4%)で、ラーメンや味噌汁などの「インスタント食品」(37.8%)、「レトルト食品」(37.0%)と続きます。
全体の回答率に比べ、女性の回答率が高かったものが、「味付け調味料」や「調味ソース」「味付け肉」「味付け魚」で、女性は時短食品の中でも調理が必要なものを活用していることがうかがえます。それに比べて男性は、「インスタント食品」「レトルト食品」「瓶詰・缶詰」「冷凍食品(素材)」「冷凍食品(調理済み)」「パッケージサラダ」と、温めたりするだけで比較的簡単に食べることができる時短商品を活用している傾向が見て取れます。

平日の夕食の調理をする人の9割以上がなんらかの時短食品を活用している

平日の夕方から夜に、スーパーマーケットで食料品を購入する人の中で、時短食品を購入することがある回答した人(1,244名)に、買いたいのに売り切れてることがある時短食品ついて尋ねたところ、第1位は「パッケージサラダ」(12.3%)で 、次いで「味付け肉」(9.0%)、「味付け魚」(8.3%)という結果になりました。時間帯別見ても、「パッケージサラダ」の売り切れ発生率が最も高い結果となってます。

平日夕方から夜、「買いたのに売り切れてる」時短食品第1位は「パッケージサラダ」

サラダ白書一覧へ戻る