トップ > 野菜を知る・楽しむ > おすすめコンテンツ一覧 > YOMEちゃんの野菜のおいしいおはなし > 11月 キャベツ

11月 キャベツ

料理上手になりたくて、最初にしたのは千切りの練習。高校生くらいの時だったかな。
スーパーからキャベツだけを買ってきて、ひたすら千切り。
山のようにできる千切りを目の前にして、母は笑いながら"がんばって~"と言い、とんかつに添えるだけでなく、油揚げと一緒に炊いたり、ゆずと塩を一緒に揉んだり、みそとお肉と炒めたり。

まるごと1つのキャベツをいろいろに調理して、おいしく仕上げてくれて、千切りが上達するころには、すっかり"キャベツの使いこなし"に興味津々でした。
さっと火を通すと黄緑が鮮やかに香ること。塩揉みすれば淡く色づき、千切りの太さで甘み、歯ごたえ、食感がいろいろに変わること。
"料理上手になりたい"と、トントン包丁を動かす横で"料理って本当に楽しい!"と母が改めて教えてくれたような。

キャベツはついつい重くても買うのは丸ごと。
どんなふうに食べようかとまな板にのせる時が楽しい。未だに。母のおかげです。