トップ > 野菜を知る・楽しむ > おすすめコンテンツ一覧 > YOMEちゃんの野菜のおいしいおはなし > 2月 水菜

2月 水菜

水菜、京菜、からし菜。関東育ちの私には幼いころから馴染みはなくて、今みたいにスーパーで手軽に買えるものではなかった気がします。
大人になって京都へ出かけて、八百屋さんで"そんなに買ってどうするの"笑われるくらい京野菜を買い込んだ私。まだその時は"京野菜"という言葉も新しく響いていた一人暮らしの頃。

小さな冷蔵庫にそっと水菜を横たわらせて、優しい黄緑の水菜を今度は"食べてしまうのがもったいない"としばらく眺めたっけ。
しゃきしゃきとした歯触りと、優しい色合いと、かすかにきりっとする緑の味。"はんなり"とした味付けにあこがれて、緊張して調理した水菜。

そんな水菜は、近所のスーパーで気軽に買えるようになった今も、やっぱり特別。
塩をちょっと加えてさっと茹でた時のさわやかな黄緑に今でもうっとりして、そして、京野菜、水菜に少し緊張。私と同じく関東生まれの娘にこの"特別"が伝わるといいな。
"はんなり"とした味を目指して今でも奮闘中です。