トップ > 野菜を知る・楽しむ > おすすめコンテンツ一覧 > YOMEちゃんの野菜のおいしいおはなし > 1月 白菜

1月 白菜

白菜を買い物かごに入れる時は、色々なメニューが浮かんで”よーし、いっぱいつくるぞー!”と思う。
台所作業に気合が入る嬉しいお野菜。
まるごと白菜は大きいから、野菜室に入りきらない。

まずは、包丁を当てながらまたお料理熱上昇。
これはお漬物、これはサラダ、週末はお鍋にしようかな。

葉の緑の鮮やかな部分はさっと炊いて・・・
とりあえず白菜が1個あれば10日は冬の食卓が嬉しく潤う。
生でもおいしく、さっと火を入れても、じっくりクタクタに炊いてもおいしい。しゃくっとかじると冬の瑞々しさ。

そういえば、母は冬になると山のように白菜漬けを作って父の同僚に、ご近所さんに配っていたっけ。小さなベランダにいくつも白菜を並べる冬の景色。
白菜は一度天日に干して味を凝縮させてからつけるんだよ。柚子はたっぷりね。漬物石をどけた時のすがすがしい香り、味見させてもらう時は、葉の部分と芯の部分を両方。葉の色の鮮やかさと、芯の甘さに毎年のことながらハッとさせられたものです。

私は娘にどうやって白菜の魅力を伝えよう。今年はそんなこと考えながら白菜をかごにいれています。