トップ > 野菜を知る・楽しむ > おすすめコンテンツ一覧 > YOMEちゃんの野菜のおいしいおはなし > 2月 かぶ

2月 かぶ

蕪は甘い香りや柔らかい舌触りはもちろん。 蕪のコロンと丸い感じ、葉っぱがお殿様のちょんまげみたいにながーい感じ。その葉を落としても、顔みたいに見える蕪。そんな蕪が大好き。
我が家では、”かぶ”ではなく、”かぶさん”です。なんとなく。大好きな蕪、かわいい蕪に敬意を表して。

秋の終わりに生まれた娘はずーっと髪の毛が薄くって。ふわふわと頭のてっぺんに髪が生えているだけで、色が白く、そしてほっぺが真っ赤。

抱っこしながら出かけるスーパーで蕪をみつけると、私の横に居てくれる蕪みたいな顔の娘と見比べてわらったっけ。
お誕生日を迎えた翌年の冬にはもう柔らかいものならなんでも食べるようになっていてクタクタに炊いた蕪を小さいお口に運ぶのが楽しかったなあ。

手づかみに興味津々な時期で蕪もがっしりつかんでつぶしちゃって、でも蕪好きな蕪みたいな蕪子さんな娘は手のひらで潰れた蕪も丁寧に嬉しそうに食べてくれました。

蕪の季節はいつも、あの丸坊主だった娘の顔と、抱っこした温かさを思い出して、見かけるたび”かぶさん”をお持ち帰りしています。