てまりずしサラダ

鯛や花れんこんなど、おめでたい具材を使ったてまりずしを、10品目のサラダ 紅芯大根やトレビスを敷いた重箱に並べます。甘酸っぱい酢飯は野菜とも相性バツグン。しょうがの甘酢漬けを千切りにして、10品目のサラダ 紅芯大根やトレビスとあわせて敷きます。

てまりずしサラダ

材料

サラダクラブ 10品目のサラダ 紅芯大根やトレビス 1袋
ごはん 250g
甘えび 4尾
鯛(刺身用) 2切れ
サーモン(刺身用) 2切れ
ほたて(刺身用) 1個
たらこ 大さじ1
れんこん(厚さ5mmの輪切り) 4枚
しょうがの甘酢漬け 20g
すだち 1個
木の芽 2枚
A
100cc
米酢・砂糖 各大さじ1
B
米酢・砂糖 各大さじ1・1/2
ひとつまみ

作り方

  1. ほたては厚みが半分になるように切る。れんこんは皮をむき、花形に切る。しょうがの甘酢漬けは水気を切って千切り。すだちは輪切り。
  2. 鍋にれんこん・Aをあわせ、火にかけて茹で、火を止めて冷ます。れんこんの穴の部分にたらこを詰める。
  3. ボウルにごはん・Bをあわせて混ぜる。(酢飯)
  4. 甘えび(2尾ずつ)・鯛(1切れずつ)・サーモン(1切れずつ)・ほたて(1/2個ずつ)をそれぞれラップの上におき、③の酢飯を1/8等分ずつ丸めてのせ、てまりずしになるようラップを使ってにぎる。
  5. 食べる直前、ボウルにサラダクラブ 10品目のサラダ 紅芯大根やトレビス・しょうがの甘酢漬けをあわせて混ぜる。
  6. 器に⑤を盛りつけ、④のてまりずしをのせる。②のれんこん・すだち・木の芽を飾る。
TOPへ戻る